婦人

簿記2級を独学で学ぶ方法|自分のパワーを信じよう

資格取得のため自宅で学ぶ

PC

既に働いている社会人の方や将来就職を目指している学生さんが資格取得のために専門学校への進学を検討されることがあるかと思いますが、授業の時間が仕事や学校と被ってしまい物理的に困難になることもあります。そんな時には通信制の専門学校を利用されてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

通信教育の利点と豆知識

勉強道具

志望理由書の通信添削は、文章を書く前の自己分析から始まるものもあるため、文章を書くのが苦手な人でも自分にあった講座を探す工夫をすることでより良い書類を作成できるようになる。内容はもちろんタイトルの添削も受けるべきだ。単発での添削を受けることもできる。

詳しくはこちら

学び方と人気の理由

ペンと紙

小論文は目的によって書き方が異なるため、目標を定めてから臨むべきです。また、内容だけではなく構成が良い小論文には必須のため、添削が返却されたらその点にも留意して学ぶと良いでしょう。学校だけでは小論文の対策が十分でないため、プロの指導を受けることができる通信添削が人気になっています。

詳しくはこちら

簿記検定を制覇する

笑顔の女性

独学で簿記2級を目指すために必要なことを考えてみましょう。書店に行けば、たくさんの簿記2級のテキストが並んでいます。そして、それらは独学に適しているものばかりです。だから迷ってしまうかもしれませんが、あまり深刻に考えず、自分でこれならいけそうと思ったものを選べばよいのです。むしろ、独学で考えなければならないことは自分で積極的に考えるということです。簿記2級の内容は、自分でいろいろと考えていかなければならないものばかりです。ということは、考えるということをすれば、簿記2級を独学で制覇できるともいえます。このように、自ら考えることが簿記2級合格のための必要なものなのです。まずは、本選びをしっかりと考えてみましょう。

さらに深く考えてみると、思考の後は実行ということが大事になります。つまり、実際に解くということを行ってみるということです。例えば、例題だけを見ていても知識は増えません。では、どうするといえば、例題に関連している問題、つまり類題を繰り返し解いてみる。さらに、少しずつ応用問題に取り組み、ある程度の時間が経ったときに、前に遡って、また繰り返し学習する。このようなことを意識的に実行していく必要があります。実際に解くということも、自分で考えるということの一つです。積極的に取り組むということと、何度も繰り返すということは密接に関連しています。これを意識すれば、独学で簿記2級の合格も見えてくるでしょう。一つずつ目の前のものを解いていきましょう。